みゆきち闘病日記

これって何の病気なの?解離性健忘、パニック障害、発達障害、てんかん…の診断を下されたり否定されたり。いつも不安と闘ってる。どうしたらフツウに生きられるんだろう。届け、人生に悩む、全ての人々へ。

病院

先生、教えてください。

どうして自傷行為はしてはいけないのだろう。 先生に聞いたら、教えてくれるかな。 ただただ、わたしが安心するための行為よ。 死ぬリスクを越えてしまった苦しみを紛らわせるだけ。 だって、車に突っ込んだら、車で轢かせてしまった人に悪いじゃない? だか…

先生、ごめんなさい。

普通の生活をするので精一杯。 少しの心の乱れが頭の中まで狂わせる。 前に漫画を描いていた時に買っていた画材用品をあさり、一本のカッターを手にする。 そういえば、診察の時に先生が次の診察の時まで絶対にそういうこと(自傷行為)しないって約束してねっ…

先生、ありがとう。

2019年11月21日 たくさんの人に支えられて生きている。 そんなことを実感できる日だった。 私が病院に行くために母が仕事を休んで付き添ってくれた。 母が仕事を休むために、ある人が代わりにフルでシフトに入ってくれた。 私の担当M先生は忙しいのに急な診…

精神疾患を受け入れる覚悟。

今月の診察で、精神障害者保健福祉手帳の申請をしたいと言うと、母はあまりいい顔をしなかった。 その件で腹を立て、後日プチ家出をした私に 私のことは私にしか分からない。 言ってくれなきゃ、どう感じて何を考えてるのか分からない。 だって見えないから…

生きている証がほしくて必死なんだよ。

2019年11月7日、また1ヶ月ぶりの医大精神科診察の日が来た。 次の診察日をスムーズに予約できるよう、来月のパートのシフトを確認する母の隣で、私はなぜか泣いていた。 ぽろぽろと胸に落ちる涙のシミは放っておいた。 診察前、トイレの中で具合が悪くなった…

お母さんは、やっぱりお母さん。

2019年10月10日、今月の診察の日 前回の診察からの3週間の内 始めの2週間はなんともなかったのに 生理が終わるころから急に具合が悪くなるようになった。 3日間ほど体調が良くない日が続いたけれど あまり覚えていないのだ。 その始まりは家族で祖父のお見舞…

人生で最も泣いた日(後編)

ぜひ前編を読んでから、こちらを読んでいただけると嬉しいです。↓前編はここから読めます。 https://smiyukichi-diary.hatenablog.com/entry/2019/09/16/162857 母はその日の診察の後、がんばったね、と言ってくれた。 あの言葉は、どういう意味だったのだろ…

人生で最も泣いた日(前編)

一通り今月のケーキのご注文を乗り越えたので 過去のお話を綴ります。 長くなってしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。 2019年6月のこと。(今日が2019年9月16日だから、だいたい3ヶ月前) ある日の夕食時から、また体が動かしにくくなってきて ご…

やっと分かった。

今月の精神科診察の日。 受付を済ませて診察までの待ち時間に、この1ヶ月のことを書き出し、言いたいことをメモしていった。いつもいざとなると言いたいこと忘れちゃうから。 診察時間は、今までで最も長かったと思う。 私はずっと「なんで?」「どうして?…

精神科に入院するということ。後編

ついに後編になります。 もしよかったら、前編、中編も読んだ上で見ていただけると嬉しいです。 smiyukichi-diary.hatenablog.com smiyukichi-diary.hatenablog.com 本当は、あの病院にも良い思い出はある。 こっそり隣人の女の子と一緒に病室でお菓子を食べ…

解離性健忘の症状?

以前からあった記憶障害について、変化がでてきました。 smiyukichi-diary.hatenablog.com ここ最近、また記憶が抜け落ちることが多くなってきました。先週だけで3回?4回あったかも…。 というのも本人、記憶が抜け落ちたこと自体忘れてしまったり、抜け落ち…

精神科病棟入院中の出来事。7

smiyukichi-diary.hatenablog.com smiyukichi-diary.hatenablog.com 4月に入ったころの外泊から帰ってきた翌日。 下痢や両腕の発疹に加え、朝ごはんも半分残してその日は始まった。 ここから1週間ほど、私はこの部屋から一切出られない。食事も排泄もシャワ…

精神科病棟入院中の出来事。6

一時帰宅時、38.9度の発熱。 精神的にもキツく、りんごジュース買って欲しいって言うのに5分かかった。 帰宅期間は2日ほどで病院へ。 ただいま。216号室。 もうしばらくいっしょにいるよ。(熱で出られないから) 窓から見える朝の空が青い。私の腕は発疹でブ…

救急搬送されました。

今週のお題「わたしと乗り物」 綴ろうと思っていた最近の出来事と少し被ってたので、今週のお題として書いてみます。 先日、私はとある大型商業施設にて過呼吸を起こし、後に呼吸の仕方もおかしくなってきたため、救急搬送されました。 両親には知られたくな…

精神科病棟入院中の出来事。5

母方の祖父母と両親、そして弟がお見舞いに来てくれていた時、ちょうど私の担当医師が病室に訪れてきた。 数日前に受けたさまざまな検査の結果について、脳波に詳しい別の医師に検査結果を診てもらっていたため、結果待ち状態だったのだ。 家族に一言挨拶を…

精神科病棟入院中の出来事。4

まさか病院内であんなことがあるなんて、思いもしなかった。 あの人に初めて話しかけられた時の印象は、一生懸命に話をしてくれるおじさん。 ここではMさんと呼ぶことにする。 Mさんはよく私に話しかけ、私が笑顔で話を聞いたりこたえたりするだけでとても嬉…

精神科病棟入院中の出来事。2

入院2日目、初めてデイルームで朝ごはんを食べた。(初日は1人病室にて) 1人ずつ席が決まっていて、他の患者さんと初めての交流でもあった。 年配の方が多く、私は新入りな上に若いから物珍しい目で見られていたけど、みんな優しかった。 隣の席の女性「うつ…

精神科病棟入院中の出来事。1

初日、シャワーを浴びてドライヤーを借りに行こうとした時のこと。 「看護師さん助けてくださいお願いします」 という声が廊下まで響いていた。 声を辿ると、おばあさんが叫び続けている。 ナースステーションに行っても、誰もいなかった。 きっとあのおばあ…

私が言えなかったこと、伝えてくれてありがとう。

2週間ぶりの診察の日。 この2週間ほぼ実家にはおらず、姉弟との家で過ごして食欲も取り戻した。前よりはマシになってる気もする。 でも、診察は必ず母が同行。そしてそのまま実家に帰ることになっている。 これからのことを考えると、もう限界に近い。これも…

精神科に入院するということ。前編

姉弟の家から実家に一時帰宅していた私は、閉鎖空間の恐怖のため、電車に乗れなくなっていることに気づいた。もとの家に戻るために乗らなければならない特急電車だとなかなか降りれないため、ここで発作が起きたらどうしよう、みたいに考えてしまうというこ…

ヘルプマークを取得できなかった。

ふと、電車に乗る時や大きな音がなった時など、外で発作が起きた時のことを考え、ヘルプマークを取得しようと思った。 保健所に行く前にスマホで一応調べてみることにした。すると、ある事実にショックを受けた。 都道府県によってヘルプマークの配布を行っ…

またまた記憶がとびました。

私は今何をしていたのか、どこにいるのか、それらはなぜなのか、朝なのか夜なのかも、そもそも自分は誰なのかも。何もかもが突然ふっと頭から抜け落ちて分からなくなる。本当に失うわけじゃない、一瞬限りの記憶喪失みたいなもの。 「解離性健忘」の症状。も…

血液検査と尿検査 異常あり。ケトン体って?

昨日のこと。 10:00某大学病院へ出発。10:30到着。 待つこと1時間。 持ってきたお気に入りの本も読み終わった…。トイレでも行っとこ。 11:30 やっとこさin診察室。 相変わらず部屋中散らかり放題★マイペースな私の担当M先生に、なんとかこの1ヶ月の状態を説…

精神神経科の診察準備

明日は1ヶ月ぶりの診察の日。 前回の診察からいろんなことがありすぎて、もはや1ヶ月前のことも忘れかけている。(なんでも忘れるのはいつもだけど) 何から話そう…。 ちなみに令和元年7月現在、私は某大学病院精神神経科に通院中。 それまで3つ?4つ?の精…