みゆきち闘病日記

これって何の病気なの?解離性健忘、パニック障害、発達障害、てんかん…の診断を下されたり否定されたり。いつも不安と闘ってる。どうしたらフツウに生きられるんだろう。届け、人生に悩む、全ての人々へ。

私が言えなかったこと、伝えてくれてありがとう。

2週間ぶりの診察の日。

この2週間ほぼ実家にはおらず、姉弟との家で過ごして食欲も取り戻した。前よりはマシになってる気もする。

でも、診察は必ず母が同行。そしてそのまま実家に帰ることになっている。

これからのことを考えると、もう限界に近い。これも良い機会なのかもしれない。

 

私は、母に過剰に心配されていることがかえって負担になっていると、あえて母の前で先生に話すと覚悟を決めた。

 

そして、2週間の出来事を話した後

涙が出るのを必死でこらえながら口にした。

「心配されるのが、その分苦しいです。」

 

先生「お母さんから見て、娘さんはどんな様子に見えますか?」

 

母は気まずそうに答えた。

「あまり家に居たくないのかな…とは思いますね…。」

きっと、その理由についてそこまで深く考えたことはなかったんだろうな。

医大の通院にいつも付き添ってくれて送迎もしてくれて、買い物する時はいつもお金出してもらって。充分支えてもらってるから、心の中でそんなふうに思われてたなんて、思いもしなかったのかもしれない。

 

家に居たくないと思っているのではないか、なんて言わせてしまった。ずっしりと重くなった心は、先生の一言で本当にあっさりスッと軽くなった。

「もう20歳超えてるんだし、そりゃそうでしょ。」

(なんてあっさり…!そうだよ、そうだよね!)

続いて

「そこは親が親離れがんばるところよ〜。」

 

…重りは溶けていった。

 

医大の先生にしてはアッサリバッサリしている私の担当M先生。

その性格で傷つくこともあるけれど、今だけは心の底から思う。

 

先生、ありがとうございました。

 

私がずっと言いたかったこと、ずっと言えなかったこと、自分は贅沢なんだから耐えるしかないと思っていたこと

代わりに言ってくれて、ありがとう。